定期的な外壁塗装で耐久性アップ!業者選びに失敗しないコツ

白い外壁の家

注目コンテンツ

ナノテク塗料を利用した外壁塗装

一軒家

外壁塗装に使われる塗料にはいくつかの種類がありますが、できればマイナーな塗料もチェックしておいて損はありません。選択肢の幅が広がることは無駄にはなりませんし、外壁塗料の一つであるナノテク塗料について押さえておきまし…

» もっと読む

外壁塗装とツヤについて

一戸建て住宅

ワックスを掛けた床がピカピカになるように、外壁塗装をした壁にもツヤは生まれます。このツヤにも自分の好みを反映させるだけの特徴があるため、外壁塗装とそれに伴うツヤの出し方について押さえてみてはいかがでしょうか。…

» もっと読む

耐久性と価格とのバランスを考えた外壁塗装

木目の家

外壁塗装を行うにも、喘息をもっている人には心配があるものです。シンナーのニオイがキツイ塗料は、喘息がでる人には辛く感じる事となります。ニオイある塗料と言われるのは、油性塗料にあるのです。ご自宅や近所の人が外壁塗装する際にも、喘息がある人は違う場所へと移動を行うことがよいのです。 
喘息もちの人は、油性塗料に限らず水性塗料でも咳が止まらなくて身体が困難な状態となることもあるのです。外壁塗装をするにも、油性のウレタン塗料は耐久性も高いものとなります。それよりもっと油性のシリコン塗料は耐久性も高く値段も上がります。喘息の人には、ニオイがきつくない水性塗料を使い外壁塗装の工事をする事がよく、価格も油性塗料よりもお安くなる傾向があります。耐久性だけで考えると、水性塗料よりも油性塗料の方が長持ちすると言えるのです。
しかし、最近の水性塗料も高い性能のものが出てきているのです。高性能な水性塗料は、耐久性を比べてもほとんど油性塗料との差もないものがあります。外壁塗装を考える際にも、値段のことは重んじるものです。耐久性の高い外壁塗料は、その分値段が高い傾向はあるのです。
家を長持ちさせるためにも、耐久性と価格とのバランスを考える事は大切です。